新着情報

人気フロアコーティングのランキング

no.1

UVコーティング

第1位はUVコーティングです。UVコーティングは、耐久性があり耐用年数約20年です。施工してすぐに専用の機械で乾燥させることができるため、短時間で施工が終わります。ツヤがあり高級感のある床となります。

no.2

シリコンコーティング

第2位はシリコンコーティングになります。フロアコーティングの中でも耐久性や耐薬品性、耐熱性のバランスの良いコーティングです。安全性も高く、臭いなどのも強いフロアコーティングになります。

no.3

ガラスコーティング

第3位は、ガラスコーティングです。ガラスコーティングは最も硬度のあるコーティングになります。そのため、傷から床を守りたいという方におすすめです。さらに、床の表面をそのままの状態で施工できます。

no.4

ウレタンコーティング

第4位はウレタンコーティングになります。昔からある施工方法で、フロアコーティングの中では最も有名のある施工方法になります。最近では、体に優しい成分で作られており、安心して快適な生活を送ることができるのです。

no.5

アクリルコーティング

第5位は、アクリルコーティングです。アクリルコーティングは、フロアコーティングの中でも最もワックスに近い施工方法になります。床にツヤを出したいという方におすすめのフロアコーティングになります。

施工の流れ

業者を選ぶ

まず、フロアコーティングを行う際には業者選びから始めましょう。業者を探す方法は、直接電話で問い合わせるもしくはインターネットで申し込むという方法があります。最近ではインターネットで申し込むのが主流となっています。業者を選ぶ際には、複数の業者をピックアップして、その中から自分の用途に合ったフロアコーティングを選択するようにしましょう。

申し込み

施工方法や施工費用など様々な点で自分の目的に合ったものがあれば、その業者にフロアコーティングの作業を申し込みましょう。申し込みを行う際には、実際に施工を行う日程や費用を再度確認した上で、申し込みを完了させましょう。この際に、施工費用に関して明確な金額を提示してくれる業者を選択することがポイントになります。

施工

施工を行う日時になると、施工業者によってフロアコーティングを作業が行われます。その施工を行う作業の前には、再び契約の内容を確認した上で施工してもらいましょう。作業開始の際には立ち合いが求められるので、しっかりと施工内容と照らし合わせながら確認をしていきましょう。そして、作業終了後にも最終確認が行われるので、立ち会う必要があります。

フロアコーティングの基礎情報

床

業者の選び方

フロアコーティングを行っている業者は数多くあります。そのため業者を選ぶ際にはいくつかチェックするポイントがあるので覚えておきましょう。まず最初にチェックするポイントは、施工実績になります。フロアコーティングは難しい作業となるため業者によって仕上がりが異なります。そのため、施工実績のある業者を選ぶことが必要なのです。さらに最近では、フロアコーティングを専門とする業者ではなく、リフォーム業者がフロアコーティングを取り行っているところもあるのです。もし、リフォーム業者に依頼してしまうと仕上がりが理想のものとは程遠いものとなってしまうので気をつけましょう。

耐用年数を見てフロアコーティングの種類を選択しよう

フロアコーティングは種類によって耐用年数が異なります。そのため、耐用年数を確認した上で最適のフロアコーティングを選択するようにしましょう。人によっては、料金を重視して耐用年数はその次という人もいます。また、みんなが集まるリビングには耐久性のあるものがいい、という人も。そのため、フロアコーティングを依頼する際には目的を明確にした上で選択するようにしましょう。

広告募集中